マニアックな風俗体験

ここはマニアックな風俗体験談を集めて発信しているサイトです。ぜひ参考にしてみてください。

風俗嬢の奴隷になってしまったかもしれない

自分は筋トレが好きで毎日のように激しく筋肉を鍛えている。筋トレを始めた頃は筋肉痛が辛くて、激しい筋トレをすることができなかったけど、最近は筋肉痛がたまに快感に感じる時がある。これって、危ない性癖が目覚める前の前兆だろうか。男性に何かをされたいというわけではないけれど、可愛い女性の奴隷になりたい願望があるんだ。自分の性癖はかなりアブノーマルだと思うので、デリヘルに電話をして自分の性癖を満たしてくれそうな風俗嬢を指名した。ボーイさんの話では自分のような性癖を持っている人はそこそこいるらしく、特におかしいことではないと言われた。そのため、安心して可愛い風俗嬢が来てくれるのを待つことができた。今回来てくれた風俗嬢は身長が小さめの可愛らしい女性。自分とは正反対の体型ですぐにでも押し倒せそうな女性だ。ところが、彼女は自分を見るとすぐに唾を吐きかけて土下座させてきた。そして足をきれいに舐めさせた。なぜかわからないけどすごく興奮してしまい、彼女にいじめられながら射精してしまった。自分は彼女の奴隷になってしまったのかもしれないな。

お尻を風俗嬢に開発してもらった

一人エッチをしているとたまに変わったプレイをしたくなる。変態と言われてしまいそうだが、お尻の穴を妻楊枝でつつくと気持ちがいい。もしかして、お尻ってかなり気持ちがいいのかもしれない。でも、この性癖を試すのはすごく勇気が必要なので、自分では刺激することができなかった。でも、我慢すればするほど、性癖を刺激したくなってきて我慢できなくなってきた。そのため、デリヘルに電話をして今の状況を伝えてみた。すると、お尻専門の風俗嬢がいるらしいので、彼女を指名してみた。来てくれた女性を見ると、特に変わった様子がなく普通にきれいな女性だった。これから経験するプレイを考えるとすごく恥ずかしくなってしまい、彼女の顔をまっすぐに見ることができなかった。彼女は自分に目隠しをして手足を拘束すると、始めは優しい声をかけてくれてお尻を優しく刺激してくれた。そのため、少しずつ不安感がなくなった。やがて、激しい刺激が自分の中を駆け巡り一気に絶頂に達した。目隠しを取ると、勃起したものから白濁した液がダラダラ流れていた。また次回も、彼女と同じプレイをしたい。

性欲の発散なら風俗嬢が気楽でいい

しばらく女性とエッチをしていなかったため、久しぶりに気持ち良くなりたい。気合を入れて出会いを求めてみると、素敵な女性と仲良くなることができた。そして、何回かデートを重ねてから一緒にホテルに行った。いよいよエッチができると思ったのだが、彼女はかなり変わった性癖を持っていて自分では満たしてあげることができなかった。彼女は特に気にしないと言っていたけど、やっぱりすごく気になってしまいそれから連絡をすることが出来なかった。エッチをするだけなら特に恋人を作る必要はないんだから、デリヘルを頼んで性欲を発散しよう。好みの女性が家に来てくれたらそれだけでもテンションが上がるし、好きなようにプレイを楽しめるよね。実際に来てくれた風俗嬢はかなり可愛くて、自分がエッチをしていいのかためらうくらいだ。でも、彼女は自分を優しく誘ってくれて自然とエッチの流れにもっていってくれた。おかげで、すごく気持ち良くなることができて性欲のすべてを発散できたので、また次もお願いしたい。